スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シティカード オンラインで申し込みました


シティカード オンライン申し込み報告


申し込み画面に入力完了後、確認メールが到着し
それから4日ほど後、金色に輝く(笑)さらのゴールドカードと対面しました。

ゴールドカードは信頼を得る道具として海外で有効に使えます。

たとえ服装がボロくても高級ホテルには泊まらせてもらえます。


今回はゴールドカードからシティ エリートへの変更。

申し込みはすんなり受け付けてくれました。
送られてきた確認書に署名、押印して免許書のコピーを添付し返送するだけです。到着受付の翌営業日から利用になれます。

傷害死亡 最高1億円から5千万に補償額を変更し年会費は半額になりました。
携行品障害は30万あるので十分でしょう。 詳しい補償についてはこちら
を参考にしてください。


シティ ゴールドカード
シティ エリート

このカードのいい所は
citibankを支払い先に指定することで
シティ口座維持費がタダになります。


旅行に出るとき預金は分散させておいたほうがよいですね。
ネットバンクを使って海外用アカウントに補充させるのもいいでしょう。
国内銀行間の送金と変わらないので手数料もかかりません。


20万、30万と入れておくわけにも行かず、使っている
うちに最低預け入れ額を割ってしまうことだってあります。

そこでお金を失うくらいなら、年会費払ってでもカード持ってた方がトクです。
最初の一年は無料になるそうなのでその分プラスです。

国内外を問わず旅行に行く機会が多ければ保険代として考えられます

シティ クリアカード・・・年会費無料 旅行保険が付いてくるのでシティバンクを持たない人にも おすすめです。

これで海外にとどまらず、国内でも旅行保険が適用されることになりますが、
乗り物、宿泊施設の利用もしくはツアー料金を カードで支払ったときからの適用となります。



カード付帯の旅行保険を最長6ヶ月に延ばす海外カード選択方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
関連記事

New

格安 宿泊施設

スーツケース

個人旅行 バックパック

格安航空券

カテゴリ

key word

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。